Sitemap English

☆コンセプト06|構造

構造・いがいと知られてないコンクリートの裏技
約100年程度はメンテナンスフリーのコンプラスト。


06. 構造|いがいと知られてないコンクリートの裏技

コンクリート工事には、コンプラスト(躯体防水)を用いると、
密実なコンクリートで強度も増した躯体防水ができます。
地下室や基礎のコンクリート工事にも最適です。

コストはコンクリート工事の約10%UPしますが、防水工事が不要なだけではなく、
コンプラスはメーカーがプラントで品質管理をするので、
標準のコンクリートに比べて約3割ほど強度が増す利点があります。
このコンプラストとはどのような物かといえば、コンクリートの打設時に
流動性を増すための高性能の流動化剤を使用します。詳しくいえば、
躯体防水用非空気連行性減水剤です。

難しい名前ですが、コンクリートを打設する時には、一般的には
流動性を増すために、AE剤というコンクリート中に微少な空気粒を
生じさせる混和剤を入れる時もあるのですが、強度がいくぶん
下がります。 ひどい時には、現場で水増ししてコンクリートを
打設されてしまう時もあります。鳥取県では公共工事は全て
コンプラストを使っているそうです。

写真の湯里の集合住宅では、全てのコンクリート工事にこれを使い
躯体防水としました。密実で頑強なコンクリートは
鉄筋にコンクリートがへばりつくといわれており、一部分
のコンクリートを破つる、職人さんは「なんやこのコンクリートは、
固くてはつれねえや、こんなコンクリート見た事がない」
言っているのを聞いてなお驚きましが、固くて作業がはかどらないくらいの
物でした。密実なコンクリートなのでプールも作れて、また海水で
コンクリートを打設しても問題ないくらいだそうです。
濃密で高強度のコンクリートが出来るので、クラックが入りにくく
中の鉄筋が錆びないから出来るですが、これには大変驚きました。

高速道路や新幹線の注脚などに使えば約100年程度はメンテナンスフリーな
ぐらいの物が出来ていたかもしれません。

コンクリートが剥奪して鉄筋がむき出しの状態となり、
その後のメンテナンスの対応に追われ莫大 な費用が嵩んでいるのが
現状だと思います。阪神大震災で阪神高速のコンクリート造の高架が倒壊しました。
ずさんな施工管理や、構造自体が頭でっかちであったが、
コンプラストを使って、十分な品質管理をしていたら
ひょっとしたら倒壊をまぬがれたかもしれません。

いがいと工務店さんは、このコンプラストは敬遠されます。
屋上の防水などはのちのちメンテナンスが必要なごく普通の防水に、
いつまでも頼っているのが不思議なくらいです。

万が一、躯体防水にクラックが入った としても目視で確認が出来るのも利点です。
ただ、建築工事では最終的な予算調整でこのコンクリート工事の約10%UPが、
厳しい現実では目先のコストダウンの項目に入ってしまう時があり残念なくらいです。

もし、 100年住宅を目指すのであれば、基礎工事には
最低これくらいのものは必要ですね。

.

(2020/1/10)

トップへ戻る