Sitemap English

☆コンセプト16|理想(の住まい)注意点

葦原高原の週末住宅
理想の週末を過ごすための週末住宅
16. 理想(の住まい)注意点

理想の住まいづくりには、まず固定観念を捨て去ることから始めましょう。
今考えている案が最高の理想であり、完成形であると思っているならば、少しお待ちください。私たち建築家の仕事は、その思いをもとに、要望などをヒヤリングしながら、さらにそのイメージを増幅させてゆくことです。イメージが出来たからといってもこれからが大変 です。そのイメージを具体的な形にしていき、そしてようやく理想の住まいが垣間みえて来ます。

ただ機能面や使いやすさを求めることもとても大事なことですが、空間、光、気配、空気感のある器づくりも必要です。
一日の大半をその家で過ごすことになるでしょうから、飽きの来ない、魅力的な空間や装置が必要です。
例えば、間取りもある時は大きな可動の壁の動きによって、空間が変化すれば楽しくなると思いませんか。さまざまな土地の条件やロケーションのを加味した上で、創意工夫し、直感やインスピレーションも含めてどんな事が可能かを追求していきます。そのような過程を経る事で、理想的な住まいがいよいよ具体化してきます。
ハウスメーカーの様に流れ作業で家を作って行くのとは、この点で大きく異なります。

家づくりに大切なことは、建主さんとのコミュニケーションを取りながらの共同作業、コラボレーションです。
一般的には一生に一度の終の住処のための家づくりとなるので、その器に相応しいものを作り上げていくには、設計や、工事をするにも手間暇が必要になってきます。一つ一つが手作り感覚です。
また、デザインや詳細な図面を書く際にも、また工事が始まっても、それ相応の時間が必要です。
理想の家づくりには、工事の監理も大切です。ただ設計図面を書き、そのまま出来上がりを待つのではありません。
工事の流れにそって施工図のチェックや現場での確認作業が大切です。工務店さんの協力も必要で、そちらの選別も重要な要素となります。

また、フレキシブルな間取り、可変性に対応させることは大切です。将来の家族の変化を先取り予測したプランニング、フレキシブルに可変可能な間取りが必要です。
そうでなければ何か家族のライフスタイルに大きな変化があったその都度、変化に対応するための不要な住まいの改装が必要になり、無駄な費用があとからかさむことになってしまいます。
私たち建築家は先を見据えたプランニングをしますので、少々考える時間も必要になってきますが、そうすることで理想の住まいづくりが現実化してきます。(2021/4/15)

トップへ戻る