Sitemap English

☆ 魅力ある中庭のある家づくりへのポイント|その1

穏やかに時が流れる中庭のある平屋
穏やかな時がながれる平屋の空間|中庭と水盤のある家 - BREATH


☆ 01- 魅力ある中庭のある家づくりにするには


いきなり玄関から家に入るよりも門のような場所を通り抜け、ほっとする中庭のような外部との中間領域や、緩衝帯があればいいと思いませんか。
たとえば、さまざまなスクリーンの配置、格子のやわらかな境界を設けてゆるやかに開くことで、この外部スペースが生きてきます。このような境界をうまくデザインに取り込むことで魅力的、理想的な家づくりへと夢が広がります。

 

中庭の空間は、太陽の光と影の演出も面白いです。
光はまるで日時計のようにゆっくりと影を刻み、その日差しは白い壁を照らしさまざまな表情をあたえてくれます。そして水盤を設けてみれば、陽の光の照り返しを室内に取り込み『ゆらぎ』を壁や天井に演出させることもできます。ゆっくりとした時のうつろいや、うごめきが表れ、まるで時間が止まったような、心地よいやすらぎ感さえ持たらしてくれます。こんな自然の効果を使わない手はないと思いませんか。

 

そして、中庭のある家づくりの最も大切なポイントは、中庭からの光や風だけでなく、空気感や気配を感じれる、また時や空間を感じ楽しめるようなことも可能なことです。
 

とくに家の中に外部空間を取込むことで、内と外とがつながるもう一つの外の部屋と考えることができます。
この中庭と室内とは、大きな開口部で全面開放させることでその外部空間と一体化でき、内と外との境界が無くなり室内の空間の広がりや空気感が生まれ、そしてその気配さえも感じられる家となります。

外部のスペースを住まいの中に取り込むことは、住空間にも爽やかな風や光が取り込むことができ、中庭は室内と一体的に使うことができ、家に奥行きや広がり感をもたらせてくれることになります。

 

中庭のある家づくりは、プライバシーだけではなく、明るく快適な家、光の移ろいやその開放感を感じれる家、風通しよく四季を楽しめれる家、そして、防犯面やセキュリティーも良くなり安心安全でもあります。

うまく創れば、風やプライバシーさえも自由にコントロールができる魅力的な家づくりとなります。

.

(2018/3/7)
水盤に写る光と影
水盤は平屋のポーチの床と同一レベルであり、グレーの土壁が映り込みます。上部スリットがある壁の奥に中庭がある。
内と外が一体となった中庭
木製建具を開ければ平屋の空間は一体となります。



中庭のある家Works » COLUMN » 

☆ 家づくりへのポイント

http://www.court-yard.com/column_10.php

 

☆ 01- 魅力ある中庭のある家づくりにするには

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=112

 

☆ 02- フレキシブルな間取り、そして中庭はも一つの外の部屋

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=113

 

☆ 03- 中庭はパッシブデザイン

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=114

 

☆ 04- リノベーション|減築することで中庭を作る

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=115

 

☆ 05- 狭小住宅|小ささの中にも多くの可能性を秘めています

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=116

 

☆ 06- 土地探しについて|北側道路は中庭をつくることで解決

http://www.court-yard.com/column_entry.php?id=117

トップへ戻る