Sitemap English

内と外をつなぐ試みで、やさしく楽しい空間に


住宅や公共施設のプロジェクトに日々、数多くの提案を⾏行行っています。
プロジェクトの提案は要件を満たしながら、中庭を設けて内と外をつなぐ試みを含むものが多く、どのようにスペースを生かすかということに重点を置いています。
例えば小学校の計画では、子供たちが日中の大半を過ごす場所と考えれば、 くつろげるリビングのような中庭の様が必要になってきます。
オフイスや工場においても考え方は同じで、人々が日常的に過ごす場所と考えれば、ただ詰め込まれただけの機能的なスペースだけではなく小さくてもほっとして抜ける様な開放される場所が必要です。
快適なスペースづくりをつくるという⽬的は、住宅と何ら変わりありません。
より多くの人が集う場所だからこそ、より多くの人にとって時間と空間を楽しめる場所である必要があるのです。
プロダクトの設計・製作も時折おこなっています。松の杢目を⽣かした単板や杉板をスライスしたあかりのオブジェは、ぬくもりを楽しむ照明です。
 

トップへ戻る