Sitemap English
滝野の家

魅力的に生まれ変わった土間のある家。
中庭と中土間はガラス扉を開放することで土間続きとなります。

中庭
中土間
玄関
上から見た玄関
中2階より居間を見下ろす
居間
書生室
居間より天井を見上げる
土間のある家
滝野の家 中庭 中土間 玄関 上から見た玄関 中2階より居間を見下ろす 居間 書生室 居間より天井を見上げる 土間のある家

築500年の旧家リノベーション|土間のある家・滝野の家

[CATEGORY] 中庭のある家 リノベーション 

土間のある家|旧家リフォームで 500年目の大修理


樹齢200年の梅の老木がある中庭と中土間はガラス扉を引き込む事で, 開放的な土間のある家として,魅力的なスペースに様変わりしました.

この築500年の旧家は幾度と改築が重ねられて続け,長年の風雪に耐えてきましたが,それなりに損傷も激しいので, 今回その修復も兼ねつつ,リノベイトすることになりました.

その計画は,屋根からは雨漏りがしていて, また柱梁の木組みは新建材の壁や天井で覆われていましたが, その木組みをすべて表し,その屋根裏にあたる吹抜け部分にロフトを増床しました. 中土間, 内庭とのつながりだけでなく, 段差のあった土間レベルの台所をバリアフリーとする改修です.

今後は,門, 離れの茶室の増築, また塀の改修などの予定で, この土間のある家がさらに生き続けることを願い,持続可能な建築のモデルとして,またサスティナブル建築を目指していきたいと思います.

間取り
梅の老木がある内庭と中土間
中土間,梅の老木がある内庭と中土間は,ガラス扉を引き込む事で様変わりする.
白い壁‘背壁’は,旧家の背景として溶け込んでいく.小舞台として使われ,土間は珪藻土の三和土(タタキ)でつくられた踏み台を設ける.
中土間は珪藻土の三和土(タタキ)仕上げ
中土間は珪藻土の三和土(タタキ)仕上げ.
中2階から土間を見下ろす
中2階から土間を見下ろす.
床板の下からライトアップで白い壁を照らす.
中2階より居間を見下ろす
中2階より居間を見下ろす.
床は赤松の古材を利用
居間 左に白い‘背壁’その裏が土間のあるスペース.
床は, 赤松の古材を利用してフローリングに加工し,
広幅で節がある旧家ならではの木目の仕上げ.
天井は杉板の目透かし貼り
居間より天井を見上げる.
天井は,杉板の目透かし貼り.
 
赤松の古材で作られた階段
書生室 赤松の古材で作られた階段と扉正面の扉は中2階へと続いている.
上部の中2階
土間のある家.
上部の中2階.
資料等を展示するギャラリーとして使う予定である.
土間のある家
土間のある家
中庭に面する引戸を全開すれば,中土間と一体的な場所となる.

旧家の大修理
土間のある家|工事の過程

中土間上部の軒先の梁
中土間上部の軒先の梁は,雨漏りによって腐っていた.
大きな材は,なかなか見つからなかったが淡路島の古材屋で巡り合えた.
梁の腐った部分を切り取り新しい梁を継ぐ
梁の腐った部分を切り取り,新しい梁を継ぐところ.

土間のある家|before

内庭から旧家を見る
内庭から旧家を見る.
内部は物置状態で庭との繋がりを失っていた.
ここに全開できる引戸を設け,内庭と内部の土間とをつなげる.
土間のある旧家の上部の天井裏
土間のある旧家の上部の天井裏には,約500年間この旧家を支えて来た松の大きな丸太の梁が隠れていた.
既存の力強い構造材を活かし,この旧家ならではの素材感が感じられる家がつくれると思われた.

間取り

建築概要

旧家の500年目の大修理|土間のある家・建築概要

所    在 兵庫県加東群
構    造 木造平屋(一部中2階)
設 計 期 間 2003. 09~2003. 10
施 工 期 間 2003. 10~2004. 02
敷 地 面 積 500坪

外部仕上げ  屋根/日本瓦葺き
外壁/ラスモルタル下地 土、スサ入り白セメント木ゴテ
土間/淡路砂利敷き
一部土間:中国産御影石 珪藻土の三和土タタキ)

内部仕上げ  中土間/土間:珪藻土の三和土(タタキ) 中国産御影石
壁:土、スサ入りプラスター木ゴテ
天井:杉板張り
居間・台所・洋室/
床:赤松(古材)板張り リボスオイル
書生室・中2階/吉野杉板張り
壁:土、スサ入りプラスター木ゴテ 天井:杉板張り



「土間のある家」が紹介されました.・「ホームプロ リフォームの極意」

よみがえった木組み空間.背壁と中土間のある家.
リフォーム前後の写真と図面・工事の様子・中土間の風景.
中土間・断面図・古材について・背壁の仕掛け.

トップへ戻る