Sitemap English

☆ 八重洲口の グランルーフ「光の帆」

八重洲口の グランルーフ「光の帆」
心地よい大きな開放感がそこに集うひとを中庭のようにつつみ込んでくれます。
☆ 八重洲口の グランルーフ 「光の帆」。

広大な屋外空間にもかかわらず、
巨大な帆をかけることで
半屋外的な空間が生まれます。

その結果、日よけ、雨よけとともに
ある安心感をかなえながら、
どこまでも心地よい大きな開放感が
そこに集うひとを包み込んでいるのです。

その結果、
なんともいえぬ快い気分を
そこにいるひとたちに授けています。

もちろん、そんなことは
そこにいるひとたちが知るよしもないこと。

でも、建築というものは
そんな意図を隠しながらも
ひとびとに幸福感を与えるものなのです。

いいお天気に誘われて、
中庭のようなテラスに面した
シートを選び、
ひとりイタリアン。

昼から打合せで、
明日は諏訪経由で
現場に向かいます。

諏訪湖が一望できる
空中庭園の中庭が今回の私の
設計テーマ。

現場では
どれだけ作業が進行しているか
楽しみです。

.
 (2017/12/17)

トップへ戻る